スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんねと烈

二刀竜・水岸烈がようやくの登場です。
ステシはこちら

烈は、結構前から作っていて、かつ本当の仇ではない、という設定も前々からありました。
いわば、りんねが憎しみを乗り越える為に立ち塞がる壁のような存在として作ったキャラです。

面識はなかったとはいえ、結構ニアミスしているので、背後的にはかなり冷や冷やさせられました。
特に去年の運動会(苦笑)
チームが一緒だったので、適当な理由(妹のお見舞い)をつけて敢えて参加させなかったり…。

さて、アカの真実に辿り着いたりんねですが、心中は複雑です。
何せ、今まで両親の仇だと思っていた人物が、自分自身の命の恩人だったわけですからね。
それでも両親を屠ったのは間違いなく烈であり、怒りの矛先を何処へ向ければ、という感じです。

一方で烈は、りんねに対して、罪の意識のような物を感じています。
特に、りんねに両親の死を直視させてしまったことを悔いています。
あれは、依頼でいうところのプレイングミスのようなものですね。
ただでさえ、単身での行動にもかかわらず、その辺りの配慮をしていなかった。
(人払いとか、そういう事前の準備を怠った)
その為、りんねが自分をどう攻め立てようとも仕方ないと思ってます。


今後は、このブログに烈も登場させていきます。
そして、次は烈のSSを書こうと思います。
烈が従属種になる過程や、りんねの事件以降、編入するまで何をやってたかとか。

ついでに烈が解禁されたので、二人の感情欄にそれぞれ「借りがある」を付けときました。
今までは深層で「運命の糸」になってましたが…。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ボッコボコカウンター
今までフルボッコにされた人数
検索フォーム
プロフィール

朝宮 りんね

Author:朝宮 りんね
このブログは株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』のキャラクターによるブログです。

朝宮りんね(b57732)


両親を亡くし、孤児院を装った研究施設にて能力開発を受け、シルフィードの力を覚醒させた少女。
力を手に入れた彼女は、両親の仇である二刀流を追うが、実はその相手は自分の命の恩人であったことが分かる。


水岸烈(b62418)


二刀竜の名を持つ剣士。
りんねの命の恩人であるが、その為に彼女を苦しめた事実を悔やんでいる。
難病を患っている妹がいて、その治療費を肩代わりしてもらう約束で、従属種ヴァンパイアとなった。


当ブログにおいて使用される画像は以下の説明の元、無断での使用を禁止します。

この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は各絵師様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。